サッポロ一番塩タンメンを作りました。え?『サッポロ一番 塩らーめん』じゃないの?塩ら~めんを使ってタンメン作ったのです

スポンサーリンク

サッポロ一番塩タンメンを作りました。え?『サッポロ一番 塩らーめん』じゃないの?塩ら~めんを使ってタンメン作ったのです

サッポロ一番塩タンメンを作ってみました。え?『サッポロ一番 塩らーめん』じゃないの?塩ら~めんを使ってタンメンを作りました。タンメンは野菜炒めスープに麺が入ったものです。スープの量が多いことと野菜がどーんと乗っているのが特徴です。

スポンサーリンク

タンメンと塩ラーメンの違いは?

タンメンは、たいていは塩味。

塩ラーメンも塩味。

ではいったい、タンメンと塩ラーメンの違いって何よ。

これは以前も書きましたが、共通しているのは塩だれでスープを作ること。

麺を塩ダレスープに入れてから野菜をトッピングをするのが塩ラーメンです。

山芋の粉を練り込んだモチモチ麺と野菜の旨みと香辛料配合スープのサッポロ一番塩らーめん(サンヨー食品)
サッポロ一番塩らーめん(サンヨー食品)です。厳選された小麦粉に山芋の粉を練り込んだ麺に、チキンとポークをベースにオニオン、ガーリックなどの野菜の旨みと香辛料を絶妙なバランスで配合した塩味スープ。ロングセラーとしておなじみの袋麺です。

かんたんに述べると、塩味のスープで作ったラーメンのことです。

一方、タンメンは、麺に野菜炒めスープをかけたものです。

野菜を食べるタンメン(ニッスイ)は味わい深い鶏ガラスープに1日に必要な野菜の1/2の量が入った野菜たっぷりタンメン
野菜を食べるタンメン(ニッスイ)は味わい深い鶏ガラスープに1日に必要な野菜の1/2の量が入った野菜たっぷりのタンメンです。麺は煮込んだ鶏ガラスープが絡み、具材はキャベツ、ほうれん草、にら、にんじん、もやし、たまねぎ、豚肉などか入っています。

つまり、厳密に言うと、タンメンはラーメンではないともいえます。

野菜炒めスープ麺、といってもいいと思います。

もうひとつ、サンマーメンというのも、神奈川県のおもに横浜地方の名産にあります。

横浜あんかけラーメン(生碼麺、あけぼの=マルハニチロ)は冷凍食品ながら野菜たっぷりの具ととろみスープに卵麺
横浜あんかけラーメン生碼麺(あけぼの=マルハニチロ)です。冷凍食品ながら、中華の名店である広東名菜『赤坂璃宮』のオーナーシェフ・譚彦彬氏との共同開発の新中華街シリーズのひとつです。野菜の入った生碼麺(サンマーメン)をいただけます。

サンマーメンは、モヤシ炒めを片栗粉でとろみをつけ、醤油味スープの上にのせたあんかけモヤシ醤油ラーメンなので、同じ野菜をのせた麺類でも、全く別物です。

調理方法や立場が似ているものには、ちゃんぽんがあります。

リンガーハットの長崎ちゃんぽん(エースコック)はロカボデリというエースコックの独自技術で作りあげた低糖質カップ麺
リンガーハットの長崎ちゃんぽん(エースコック)をいただきました。エースコックの独自技術でつくりあげた、ロカボデリという低糖質麺でカロリーオフしています。味はチキン・ポークをベースに、魚介の旨みを利かせたちゃんぽんスープです。

中華ではなく和製で、厳密にはラーメンではないところなどはタンメンと共通点があります。

ただし、ちゃんぽんの具材は海鮮ものが入ることと、スープはタンメンのような清湯ではなく白濁で、タンメンが鶏ガラを使うのに比べてちゃんぽんは豚骨です。

同じ「タンメン」という呼び名でも、酸辣湯麺(スーラータンメン)は、お酢が効いた中華スープに麺を入れたものです。

酸辣湯麺(マルハニチロ)は7種類の具材に鎮江香酢の上品な酸味と旨みラー油の辛みのバランスが絶妙な酸辣湯麺です
酸辣湯麺(マルハニチロ)は、7種類の具材に鎮江香酢の上品な酸味と旨みラー油の辛みのバランスが絶妙な酸辣湯麺です。具材はたまご、もやし、チンゲン菜、きくらげ、たけのこ、にんじん、豚肉など。高級食材と調味料を使う四川料理のスープラーメンです。

ちなみに、中華スープといっても、実はこちらも赤坂が発祥地の和製らしいんですけどね。

スーラータンメン(酸辣湯麺)とは?作り方、サンラータンとの違いも - macaroni
酸味が効いた中華スープ「スーラータン(酸辣湯)」に、ゆでた麺を入れて作る「スーラータンメン(酸辣湯麺)」。お酢の酸味、そして胡椒と唐辛子の辛味が絶妙な麺料理です。今回はそんなスーラータンメンの作り方、 そして同じ名前を持つ「サンラータン」との違いについても解説します。

ということで、長々と前置きを書いたのは、要するにタンメンというのは、似ているようでいて、しっかりと独自の存在感を表現しているということです。

Youtubeでもサッポロ一番塩『タンメン』の動画が


ということで、Youtubeでは『まかないチャレンジ! 河原のあべ』さんによって、『サッポロ一番塩ら~めん』(サンヨー食品)で作る、サッポロ一番塩『タンメン』の動画をご紹介します。

細かい内容は動画を見ていただくとして、油はラード、肉は魚肉ソーセージを使っていました。

  1. 野菜を炒める
  2. 魚肉ソーセージ投入
  3. 水を加え
  4. 麺を入れる

盛り付けるときは、麺⇒スープ⇒具材の順、です。

この動画をヒントに、私の作ってみました。

タンメンを作ってみました

材料は、もちろん『サッポロ一番塩ら~めん』(サンヨー食品)です。

サッポロ一番塩らーめん

野菜は、カット野菜300gを利用しました。86円だったかな。

カット野菜300g

カット野菜300g

麺類はラードを使う人が多いのですが、私は米油を使いました。

そして、私も魚肉ソーセージを使いました。

出来上がりです。

出来上がり

ラーメン二郎のようになってしまいました。

ただ、見ていただきたいのは、スープが多めですよね。

スープが多め

ここがタンメンの肝です。

え、味が薄くなってしまうって?

炒め汁が入るので、そんなことはないのです。

上の動画では、ご飯を付けてタンメンライスにしていましたので、私も焼きおにぎりをひとつ加えました。

さすがに、お腹いっぱいになりました。

みなさんも、いかがですか。

以上、サッポロ一番塩タンメンを作りました。え?『サッポロ一番 塩らーめん』じゃないの?塩ら~めんを使ってタンメン作ったのです、でした。

サッポロ一番 塩らーめん 5食
サッポロ一番 塩らーめん 5食

【送料無料1ケース】サッポロ一番 塩らーめん サンヨー食品 5食パック 6個入り★一部、北海道、沖縄のみ別途送料が必要となる場合があります - ショップダイヘイ楽天市場店
【送料無料1ケース】サッポロ一番 塩らーめん サンヨー食品 5食パック 6個入り★一部、北海道、沖縄のみ別途送料が必要となる場合があります – ショップダイヘイ楽天市場店

コメント

タイトルとURLをコピーしました