ショップブランド

スープが決め手の中華そば(セブンイレブン)はスチームノンフライ麺と香味油と鶏がらスープのレギュラーサイズタテ型

スープが決め手の中華そば(セブンイレブン)です。サイズは、レギュラーサイズのタテ型カップ麺。スープと麺を改良してのリニューアルです。鶏がらスープとともに、スチームノンフライ製法を使った麺は元祖中華そばの味と風格があります。
テーブルマーク

油そば(テーブルマーク)冷凍食品で本格たれと麺、トッピング

油そば(テーブルマーク)が話題になっています。袋ごと5分間温めるだけの冷凍食品です。焦がし風味の醤油だれと辣油、ねぎ油、酢を太めの平打ち麺にチャーシュー、わかめ、メンマとトッピングも充実。混ぜてたれを麺に絡ませ美味しくいただきます。
日清食品

日清麺ニッポン札幌味噌ラーメンはラードとガーリックしょうがの香ばしい風味特長濃厚味噌スープでおろし生姜付き!

日清麺ニッポン札幌味噌ラーメンは、おろししょうがの別添が加わり2017年9月18日にリニューアル発売されました。ラードとガーリック、しょうがの香ばしい風味が特長の濃厚味噌スープに北海道醸造味噌を使用。麺は札幌味噌ラーメンらしい中太縮れ麺です。
ニッスイ

横浜あんかけラーメン(生碼麺、あけぼの=マルハニチロ)は冷凍食品ながら野菜たっぷりの具ととろみスープに卵麺

横浜あんかけラーメン生碼麺(あけぼの=マルハニチロ)です。冷凍食品ながら、中華の名店である広東名菜『赤坂璃宮』のオーナーシェフ・譚彦彬氏との共同開発の新中華街シリーズのひとつです。野菜の入った生碼麺(サンマーメン)をいただけます。
ショップブランド

富山ブラック(食品企画Kono)は富山B級グルメの代表!しょっぱくて辛い真っ黒スープをおかずにご飯をかきこむ

富山ブラック(食品企画Kono)が評判です。ブラックラーメン。濃い醤油と豚骨、煮干しや鰹節も出汁になっている衝撃の真っ黒スープです。そしてしょっぱくて辛い。ご飯と一緒に食べることを前提としています。つまり、おかずとしてのラーメンなのです。
明星食品

評判屋中華そば 鶏ガラのきいたしょうゆ(明星食品)はしなやかでコシのある細麺と鶏ガラのきいたスープを組み合わせた醤油ラーメン

評判屋中華そば 鶏ガラのきいたしょうゆ(明星食品)です。しなやかでしっかりしたコシのある細麺と、鶏ガラのきいたスープを組み合わせた醤油ラーメンです。ポークエキスやラードは一切使わずチキンエキスだけを使った素朴な味が好評です。
シマダヤ

「かんたん鍋焼麺」野菜タンメン(シマダヤ)は鍋焼専用のコシの強い平打ち麺乾燥ミックス野菜がついた塩味スープ

「かんたん鍋焼麺」野菜タンメン(シマダヤ)を購入。シマダヤのタンメンは生ラーメンもありますが、今回はアルミ鍋生ラーメンです。鍋焼専用のコシの強い平打ち麺に、チキン、しょうが、白こしょうのスープ、乾燥ミックス野菜がついた野菜タンメンです。
シマダヤ

本生ラーメン味噌味(シマダヤ)は北海道きたほなみ由来の麺と3種類の味噌をブレンドしたさっぱり味のラーメン

本生ラーメン味噌味(シマダヤ)です。3食入りです。本生ラーメンと命名する、北海道きたほなみの小麦粉を使用したのどごし滑らかな太麺に3種類の味噌をブレンド。ポークと香味野菜のコクを加えたスープがセットになった、3食入りの味噌ラーメンです。
ショップブランド

究極のおうちラーメンはスープと麺の自選だからヒガシマル醤油ラーメンスープと菊水味わい作り札幌生ラーメン

ヒガシマル醤油ラーメンスープ醤油1.8Lと、味わい作り札幌生ラーメン(菊水)で自家製ラーメンを作りました。北海道に会社があり、北の風土が育んだ本場の味わいを標榜する麺と、ダシ作りに定評のあるヒガシマルのラーメンスープの絶妙な組み合わせです。
ショップブランド

国産小麦配合をうたった平打ち熟成多加水麺と和風煮干し醤油の醤油会津喜多方ラーメン(えどやフーズ)

和風煮干し醤油会津喜多方ラーメン(えどやフーズ)という、生ラーメンタイプの喜多方ラーメンがあります。家庭で味わえる喜多方ラーメンである『和風煮干し醤油会津喜多方ラーメン』(えどやフーズ)を作ってみることにしました。