本生しょうゆ(シマダヤ)は北海道きたほなみの小麦粉使用のどごし滑らか中太麺とチキン豚ガラのコクがある醤油スープ

シェアする

スポンサーリンク



本生しょうゆ(シマダヤ)は北海道きたほなみの小麦粉使用のどごし滑らか中太麺とチキン豚ガラのコクがある醤油スープ
本生しょうゆ(シマダヤ)はスーパーでお馴染みの商品です。北海道きたほなみの小麦粉を使用したのどごし滑らかな中太麺と、チキンと豚ガラのコクがあるスープがセットになった、3食入の醤油ラーメン。別添のスパイスが味にアクセントを付けています。



本生しょうゆ(シマダヤ)の外袋には、ラーメンの丼のようなデザインの中に、本生しょうゆ(シマダヤ)という商品名、「麺の小麦粉は北海道産きたほなみ」「醤油味」と記載されています。

中を開けると、1袋に3人分の麺とスープとスパイスが同梱されています。

鍋で麺を茹で、丼でスープを入れてお湯でとき、麺を湯切りして盛り付け、スパイスをかけます。

スープは別の鍋で加熱して作る方法もあります。

もちろん、お好みの具材を食べる人の判断で自由に入れることができます。

今回は、自家製煮玉子と海苔を入れました。

本生しょうゆ

しょうゆ味は、濃すぎもせず、うす過ぎもせず、最大公約数的な味わいです。

麺の太さやコシもまずまず。

標準的な美味しさが、リーズナブルに家庭で味わえます。

スポンサーリンク



生ラーメンは本格的なラーメンへの道

ラーメンには、袋のインスタントラーメン、カップ麺、生ラーメン、その他チルドラーメンなどがありますが、生ラーメンの決定版と行っていいのが、本生しょうゆ(シマダヤ)です。

本生しょうゆ

本生しょうゆ(シマダヤ)は、メーカー希望小売価格は325円になっていますが、定価どおり売っている店は皆無でしょう。

スーパーで200円程度、安いところでは100円代で売っています。

それでいて3袋ですから、本生しょうゆ(シマダヤ)はずいぶんとリーズナブルなラーメンです。

こうした市販品は、1人前では少し物足りないものですが、本生しょうゆ(シマダヤ)は3袋入ってますから、1人で1.5人前食べるとして、2食分、もしくは2人分はあると思います。

生ラーメンは、家庭用ラーメンの中で、お店のラーメンに最も近いものが作れます。

本生しょうゆ(シマダヤ)は、ネットでも人気商品です。

スーパーでの販売状況がツイートされています。

本生しょうゆ(シマダヤ)の栄養成分は、エネルギー341kcal、たんぱく質11.3g、脂質3.8g、炭水化物65.4g、ナトリウム2.8g、標準調理後の食塩相当量めん0.9g、スープ・調味料5.1g、スパイス0.2gです。

本生しょうゆ(シマダヤ)の栄養成分は、めん(小麦粉、小麦たん白、食塩、加工澱粉、かんすい、乳酸Na、クチナシ色素)、スープ(しょうゆ、食塩、砂糖、チキンエキス、たん白加水分解物、醸造酒、ポークエキス、オニオンエキス、ガーリックエキス、調味料(アミノ酸等)、カラメル色素(原材料の一部に小麦を含む))、調味料(ポークオイル、香料、香辛料抽出物)、スパイス(香辛料、食塩、チキンエキスパウダー、調味料(アミノ酸等))などとなっています。

いかがですか。

本生しょうゆ(シマダヤ)

[冷蔵] シマダヤ 「本生」タンメンしお味 -
[冷蔵] シマダヤ 「本生」タンメンしお味 –

スポンサーリンク



シェアする