煮込みラーメンコクうま鶏塩ちゃんこ風(永谷園)は鶏肉・鶏ガラのエキスにほたてエキスなど魚介系の旨みを合わせた

シェアする

スポンサーリンク



煮込みラーメンコクうま鶏塩ちゃんこ風(永谷園)は鶏肉・鶏ガラのエキスにほたてエキスなど魚介系の旨みを合わせた
煮込みラーメンコクうま鶏塩ちゃんこ風(永谷園)です。永谷園の鍋で煮込んで食べるラーメンシリーズ。「ちゃんこ鍋」をイメージした調味ソースは、鶏肉・鶏ガラのエキスにほたてエキスなど魚介系の旨みを合わせてまろやかな味わいに仕上がっています。



煮込みラーメンコクうま鶏塩ちゃんこ風は、商品名通り、ちゃんこ鍋をイメージしています。

そして、鶏に貝柱の旨味を加えたスープです。

したがって、他の商品と違い、原材料に、ポークエキスやポークオイル、ラードなどは使われていません。

外箱には、「煮込んでもコシ長持ち!」「野菜がたっぷり食べられる!」と記載されていて、さすがちゃんこを意識しているだけあって、遠藤関ががんばっています。

煮込みラーメン コクうま鶏塩ちゃんこ風

煮込みラーメンシリーズは、ただだんに入っている麺とスープを鍋に入れて食べるインスタントラーメンとは違います。

お好みの野菜をたっぷり入れて、鍋として楽しむものです。

鍋は、何を入れなければならない、と決まりきっているわけではなく、自由度が高い食べ物です。

もちろん、箱に記載されているレシピの具材だけでも十分に美味しく食べることは出来ます。

箱には、鶏肉、にんじん、はくさい、長ネギです。

煮込みラーメン コクうま鶏塩ちゃんこ風

今回は、鶏肉を豚肉に変更して作ってみました。

鶏塩ちゃんこなのに豚肉はおかしいかもしれませんが、それこそ鍋の自由なのです。

鍋ですから、ご飯と一緒に食べることが出来ます。

ご飯と麺だと炭水化物同士……ということはあまり気にしなくていいと思います。

鍋ですから、麺も具材なのです。

スポンサーリンク



煮込んでもコシがある専用麺を使用

永谷園の煮込みラーメンシリーズは、現在5種類販売されています。

しょうゆ味、みそ味、コクうま鶏塩ちゃんこ風、九州限定のとんこつ味、新発売今季限定発売の担々麺風です。

いずれも、麺と調味ソースがセットになっています。

麺は、煮込んでもコシがある専用麺を使用しています。

普通の麺だったら、のびるどころか、溶けてドロドロになってしまいますからね。

煮込みラーメン コクうま鶏塩ちゃんこ風(永谷園)の栄養成分は、エネルギー416kcal、たんぱく質16.8g、脂質8.0g、炭水化物69.3g、食塩相当量10.2g(めん:3.1g、スープ:7.1g)です。

煮込みラーメン コクうま鶏塩ちゃんこ風は、1箱2回分4人前です。

煮込みラーメン コクうま鶏塩ちゃんこ風(永谷園)の原材料は、めん(小麦粉、小麦たん白、食塩、卵白粉(卵を含む)、植物油脂、卵黄粉)、調味ソース(チキンエキス、食塩、醤油(小麦を含む)、植物油脂(大豆を含む)、チキンオイル、糖類、酵母エキス、ほたてエキス、にんにく、胡椒)/調味料(アミノ酸等)、酒精、糊料(加工でん粉、キサンタン)、かんすい、カロチノイド色素などとなっています。

いかがですか。

煮込みラーメン コクうま鶏塩ちゃんこ風(永谷園)

永谷園 煮込みラーメン コクうま鶏塩ちゃんこ風 (2人前×2P)×3個 -
永谷園 煮込みラーメン コクうま鶏塩ちゃんこ風 (2人前×2P)×3個 –

スポンサーリンク



シェアする