生ラーメン

日清食品

行列のできる店のラーメン担々麺(日清食品)は花椒とラー油の濃厚な担々スープで今回は汁なし担々麺に応用しました

行列のできる店のラーメン担々麺(日清食品)は太麺と練りごまとすりごまを使い花椒とラー油を使った濃厚な担々スープでできています。今回はコシのある太麺や濃厚なスープを活かして昨今流行している汁無し坦々麺として作ってみることにしました。
シマダヤ

「本生」タンメンしお味(シマダヤ)は「きたほなみ」を使用した平打ち麺にチキンとポークのコクがあるスープがセット

「本生」タンメンしお味(シマダヤ)は北海道産の小麦粉「きたほなみ」を使用したのどごし滑らかな平打ち麺の「本生」シリーズ。チキンとポークのコクがあるスープがセットになった3食入りです。生ラーメンならでは麺のコシとスープの味わいが自慢です。
シマダヤ

本生細打ちラーメン和風醤油味(シマダヤ)は、麺の小麦粉に北海道産きたほなみを使いホタテの味がする細打ち麺

本生細打ちラーメン和風醤油味(シマダヤ)です。麺の小麦粉に、北海道産きたほなみを使っていることをセールスポイントにしています。ホタテの味がする細打ち麺は、通常の醤油ラーメンよりも量が多くお得感があります。生ラーメンとしておすすめできます。
シマダヤ

本生しょうゆ(シマダヤ)は北海道きたほなみの小麦粉使用のどごし滑らか中太麺とチキン豚ガラのコクがある醤油スープ

本生しょうゆ(シマダヤ)はスーパーでお馴染みの商品です。北海道きたほなみの小麦粉を使用したのどごし滑らかな中太麺と、チキンと豚ガラのコクがあるスープがセットになった、3食入の醤油ラーメン。別添のスパイスが味にアクセントを付けています。
ショップブランド

地鶏風塩ラーメンスープ(あみ印)は鶏のエキスと天日塩を使用し魚介の旨味や野菜の甘味がスープに深みを出したタレ

地鶏風塩ラーメンスープ(あみ印)です。1kgで売られています。鶏のエキスと天日塩と魚介類の旨味で深みを出した、まろやかで優しい味の塩ラーメンのタレです。お湯や鶏がらスープで10倍に希釈し、お好みの麺や具材とともに使います。
ショップブランド

富山ブラック(食品企画Kono)は富山B級グルメの代表!しょっぱくて辛い真っ黒スープをおかずにご飯をかきこむ

富山ブラック(食品企画Kono)が評判です。ブラックラーメン。濃い醤油と豚骨、煮干しや鰹節も出汁になっている衝撃の真っ黒スープです。そしてしょっぱくて辛い。ご飯と一緒に食べることを前提としています。つまり、おかずとしてのラーメンなのです。
シマダヤ

本生ラーメン味噌味(シマダヤ)は北海道きたほなみ由来の麺と3種類の味噌をブレンドしたさっぱり味のラーメン

本生ラーメン味噌味(シマダヤ)です。3食入りです。本生ラーメンと命名する、北海道きたほなみの小麦粉を使用したのどごし滑らかな太麺に3種類の味噌をブレンド。ポークと香味野菜のコクを加えたスープがセットになった、3食入りの味噌ラーメンです。
ショップブランド

究極のおうちラーメンはスープと麺の自選だからヒガシマル醤油ラーメンスープと菊水味わい作り札幌生ラーメン

ヒガシマル醤油ラーメンスープ醤油1.8Lと、味わい作り札幌生ラーメン(菊水)で自家製ラーメンを作りました。北海道に会社があり、北の風土が育んだ本場の味わいを標榜する麺と、ダシ作りに定評のあるヒガシマルのラーメンスープの絶妙な組み合わせです。
ショップブランド

国産小麦配合をうたった平打ち熟成多加水麺と和風煮干し醤油の醤油会津喜多方ラーメン(えどやフーズ)

和風煮干し醤油会津喜多方ラーメン(えどやフーズ)という、生ラーメンタイプの喜多方ラーメンがあります。家庭で味わえる喜多方ラーメンである『和風煮干し醤油会津喜多方ラーメン』(えどやフーズ)を作ってみることにしました。
日清食品

濃厚味噌スーブにもちちも感が維持される中太ちじれ麺は行列のできる店のラーメンこってり味噌(日清食品)

行列のできる店のラーメン こってり味噌(日清食品)を食べてみました。1袋に2人前入っています。商品名通り、こってりしたコクのある豚骨味噌スープにお好みの具材をトッピング。スープに絡んだもちちも感が維持されている中太ちじれ麺でいただきます。