濃厚煮干しダシに豚骨ベーススープをあわせたご当地ラーメン麺ニッポン青森濃厚煮干ラーメン(日清食品)

シェアする

スポンサーリンク



麺ニッポン青森濃厚煮干ラーメン(日清食品)青森県お墨付き
『麺ニッポン青森濃厚煮干ラーメン』(日清食品)です。ノンフライストレート麺に煮干しと豚骨のしっかりとコクのある濃厚なスープ。煮干しの風味を最大限に引き出したコクと旨みです。煮干しラーメンでお馴染み青森のご当地麺がカップ麺になりました。

麺ニッポン青森濃厚煮干ラーメン(日清食品)は、7月24日に発売されました。

麺ニッポン青森濃厚煮干ラーメン

濃厚な煮干しのダシに豚骨ベースのスープをあわせた青森県のご当地ラーメンです。

青森県の県産品や、名物の振興をはかる「青森の正直マーク」の使用許可を得た商品だそうです。

麺ニッポン青森濃厚煮干ラーメン

つまり、青森県のお墨付きを得たカップ麺ということです。

麺ニッポン青森濃厚煮干ラーメン、という商品名のうち、前半の「麺ニッポン」というのは、日清のご当地ラーメンのカップ麺版シリーズの名称です。

他には、

札幌味噌ラーメン
信州王様辛味噌ラーメン
長崎ちゃんぽん
喜多方ラーメン
京都背脂醤油ラーメン
横浜家系ラーメン
博多豚骨ラーメン、
札幌濃厚味噌ラーメン
八王子ラーメン
尾道ラーメン

などがあるそうです。

地元ではなくても、1度は耳にしたことのあるラーメンばかりですね。

津軽地方では、津軽ソバといわれるものが煮干しラーメンのようです。

青森では、煮干しラーメンと標榜していなくても、煮干しダシを使ったラーメンがたくさんでているようです。

地元のスーパーでもご当地ラーメンコーナーがありますが、青森煮干しラーメンは結構売れているようです。

ちなみに、青森県はカップ麺の消費が日本一だそうですね。

寒いから、温かいカップ麺につい手が出るのでしょうか。

スポンサーリンク



しっかり煮干しを感じる濃厚な味わい

さて、麺ニッポン青森濃厚煮干ラーメンを作ってみました。

麺のほか、4つの袋が入っています。

麺ニッポン青森濃厚煮干ラーメン

お湯を入れる前に投入する粉末スープ、かやく、そして4分たってから入れる液体スープとやきのりです。

かやくは、チャーシュー、メンマ、ネギ。

粉末スープを開けると、魚粉の香りが漂ってきます。

麺ニッポン青森濃厚煮干ラーメン

お湯を入れて4分待つ間は、液体スープを重しにしながらあたためます。

麺ニッポン青森濃厚煮干ラーメン

できあがりです。

麺ニッポン青森濃厚煮干ラーメン

麺はノンフライストレート麺。

博多ラーメンのようにやや加水が抑えられた硬めです。

スープはこんな感じです。

麺ニッポン青森濃厚煮干ラーメン

袋を開けた時点でわかりましたが、しっかり煮干しを感じる、商品名通りの濃厚な味わいです。

麺ニッポン青森濃厚煮干ラーメンは、濃厚なスープに硬めの麺は相性がよく、麺とスープに一体感があります。

麺ニッポン青森濃厚煮干ラーメンの栄養成分は、エネルギー415kcal(めん・かやく288kcal、スープ127kcal)、たん白質12.8g、脂質15.2g、炭水化物56.9g、ナトリウム2.6g(めん・かやく0.7g、スープ1.9g)、ビタミンB10.22mg、ビタミンB20.27mg、カルシウム213mg、食塩相当量6.6g (めん・かやく1.8g / スープ4.8g) です。

麺ニッポン青森濃厚煮干ラーメンの原材料は、めん(小麦粉、食塩、植物油脂、大豆食物繊維、チキンエキス、醤油、卵粉)、スープ(豚脂、醤油、いわしパウダー、ポークエキス、魚介調味油、チキンエキス、糖類、食塩、ねぎ、魚介エキス、香辛料、たん白加水分解物)、かやく(チャーシュー、味付メンマ、海苔)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、かんすい、増粘多糖類、炭酸Ca、カラメル色素、乳化剤、酸味料、香料、酸化防止剤(ビタミンE)、カロチノイド色素、ビタミンB2、ビタミンB1、香辛料抽出物、(原材料の一部に乳成分、ゼラチンを含む)だそうです。

ツイッターでも、こうツイートされていますね。

日清食品 麺ニッポン 青森 青森の正直 濃厚青森煮干ラーメン。煮干のよい香りと旨味広がる豚骨醤油スープにしなやかでもちっと歯切れのよい中太麺。魚粉の旨味と豚骨のコク、濃厚な味わいがあとを引き美味しいですねぇ。

麺ニッポン青森濃厚煮干ラーメン。

これはイケますよ。

スポンサーリンク



シェアする