本生細打ちラーメン和風醤油味(シマダヤ)は、麺の小麦粉に北海道産きたほなみを使いホタテの味がする細打ち麺

シェアする

スポンサーリンク



本生細打ちラーメン和風醤油味(シマダヤ)は、麺の小麦粉に北海道産きたほなみを使いホタテの味がする細打ち麺
本生細打ちラーメン和風醤油味(シマダヤ)です。麺の小麦粉に、北海道産きたほなみを使っていることをセールスポイントにしています。ホタテの味がする細打ち麺は、通常の醤油ラーメンよりも量が多くお得感があります。生ラーメンとしておすすめできます。



袋入りの生ラーメンは利用されていますか。

もちろん私もいろいろ作ってみましたが、いまのところ、シマダヤの『細打ちラーメン和風醤油味』が一番気に入っています。

本生細打ちラーメン和風醤油味(シマダヤ)は、細打ちタイプのめんでありながらしっかりとした歯応えをもつ、ゆでのびを抑えた卵入りのラーメンです。

「北海道きたほなみの小麦粉を使用した、のどごし滑らかな細麺」と、「煮干しの風味を利かせたスープ」がセールスポイントになっています。

私は、野菜をドーンとのせてみました。

本生細打ちラーメン和風醤油味

といっても、スーパーで売っているカット野菜を使ったのですが。

野菜のドーンと乗ったラーメン、美味しいですよね。

炒めるときは、ごま油を使っています。

本生細打ちラーメン和風醤油味

カット野菜は、1袋100円程度で、キャベツ、もやし、にんじん、ピーマンなどが入っているので、使い勝手がいいと思います。

あとラーメンにつきものは焼豚ですが、野菜をたくさんいれたときは魚肉ソーセージやちはわなど練り物を使うことも。

そして、煮玉子はまるごとひとつ入れます。

麺が細いからだと思いますが、423g(めん110g×3)という量ながら、通常のシマダヤの醤油ラーメンや味噌ラーメンよりもたくさん入っている印象があります。

スープは、予め丼に入れて、お湯を加えるものですが、私は別に小鍋で加熱して作りました。

麺は、茹で上がったら、つけ麺でもないのにいったん水で締めるので、スープがぬるいと美味しくなくなってしまうからです。

そして、できあがり。

「煮干し」もあるのかもしれませんが、けだし「ホタテ」も感じました。

スポンサーリンク



ほたての味が決め手

本生細打ちラーメン和風醤油味(シマダヤ)の栄養成分は、エネルギー345kcal、たんぱく質10.9g、脂質4.4g、炭水化物65.5g、ナトリウム2.8gとなっています。

本生細打ちラーメン和風醤油味(シマダヤ)の原材料は、めん(小麦粉、小麦たん白、食塩、酒精、加工澱粉、かんすい、乳酸Na、クチナシ色素)、スープ(しょうゆ、食塩、砂糖、たん白加水分解物、醸造酢、ポークエキス、かつおエキス、煮干しエキス、チキンエキス、ガーリックエキス、オニオンエキス、調味料(アミノ酸等))、カラメル色素、(原材料の一部に小麦を含む)、調味料(ポークオイル、香料、(原材料の一部に大豆、鶏を含む))、スパイス(香辛料、食塩、チキンパウダー、調味料(アミノ酸等))などとなっています。

いかがですか。

本生細打ちラーメン和風醤油味。

シマダヤ 真打細打ち中華そば<ミニダブル> 冷凍 200g 5個 -
シマダヤ 真打細打ち中華そば<ミニダブル> 冷凍 200g 5個 –

スポンサーリンク



シェアする