地鶏風塩ラーメンスープ(あみ印)は鶏のエキスと天日塩を使用し魚介の旨味や野菜の甘味がスープに深みを出したタレ

シェアする

スポンサーリンク



地鶏風塩ラーメンスープ(あみ印)は鶏のエキスと天日塩を使用し魚介の旨味や野菜の甘味がスープに深みを出したタレ
地鶏風塩ラーメンスープ(あみ印)です。1kgで売られています。鶏のエキスと天日塩と魚介類の旨味で深みを出した、まろやかで優しい味の塩ラーメンのタレです。お湯や鶏がらスープで10倍に希釈し、お好みの麺や具材とともに使います。



先日、ヒガシマル醤油ラーメンスープ醤油1.8Lと、味わい作り札幌生ラーメン(菊水)で自家製ラーメンを作りました。

究極のおうちラーメンはスープと麺の自選だからヒガシマル醤油ラーメンスープと菊水味わい作り札幌生ラーメン
ヒガシマル醤油ラーメンスープ醤油1.8Lと、味わい作り札幌生ラーメン(菊水)で自家製ラーメンを作りました。北海道に会社があり、北の風土が育んだ本場の味わいを標榜する麺と、ダシ作りに定評のあるヒガシマルのラーメンスープの絶妙な組み合わせです。

ほぼ、ありあわせの具材でも、なんとなくフードコート並みのラーメンが作れました。

市販の生ラーメンは数多くあれど、菊水麺のキュッとしたコシと、ツルツルとしたすべりのある麺は、札幌ラーメンならではのものです。

既成のインスタントラーメンでなくても、美味しいおうちラーメンはできるということです。

そこで、第二弾として今度は塩ラーメンです。

地鶏風塩ラーメンスープを使います。

地鶏風塩ラーメンスープ

実質的には「タレ」もしくは「ダシ」にあたるものです。

これにお湯、またはお好みのスープを加えることで、フードコート並みのラーメンが出来上がります。

地鶏風塩ラーメンスープには、鶏のエキスと天日塩に、魚介類(ホタテやアサリ)の旨味が利いているので、たんなるお湯を加えただけでも十分な深みのある味に仕上がりますし、鶏ガラや豚骨など動物系スープとの相性も抜群です。

最近は、豚骨塩ラーメンも流行していますからね。

1kgの袋は、市販されている生ラーメンや、単独スープの袋が大きくなった形状です。

鍋に適量を開け、希釈して加熱します。

スポンサーリンク



地鶏風塩ラーメンスープのレシピ

今回も、菊水の生麺を使いました。

【具材】

まずは、焼き海苔です。

安いノリでいいのです。

近所のスーパーから買っている瀬戸内海産の焼きのりです。

なると。

地鶏風塩ラーメンスープ

そして煮玉子です。

地鶏風塩ラーメンスープ

もう少し君が軟らかいほうがいいですね。

これだけでなく、お好みの具材を入れていきましょう。

メンマ、チャーシュー、ネギ、バターなどもいいかもしれのせんね。塩バターラーメン。

スープは青湯系です。

地鶏風塩ラーメンスープ

それでも鶏の風味はきちんと感じられる、コクがあってまろやかで優しい仕上がりになっています。

魚介の旨味や野菜の甘味がスープに深みを出しています。

ネットでも好評です。

お店のまかないに使ったというツイートもありますね。

おいしそうにできているツイートもありました。

地鶏風塩ラーメンスープの原材料は、しょうゆ、食用油脂、食塩、チキンエキス、魚介エキス、でん粉、野菜エキス、酵母エキス、砂糖、調味料(アミノ酸等)、香料、(原材料の一部に小麦を含む)などとなっています。

地鶏風塩ラーメンスープ

最近はこってり豚骨のお店が増えてきました。

おうちラーメンは青湯系で地鶏風塩ラーメンスープといきませんか。

あみ印 地鶏風塩ラーメンスープ 1kg -
あみ印 地鶏風塩ラーメンスープ 1kg –

スポンサーリンク



シェアする