スープが決め手の中華そば(セブンイレブン)はスチームノンフライ麺と香味油と鶏がらスープのレギュラーサイズタテ型

シェアする

スポンサーリンク



スープが決め手の中華そば(セブンイレブン)はスチームノンフライ麺と香味油と鶏がらスープのレギュラーサイズタテ型
スープが決め手の中華そば(セブンイレブン)です。サイズは、レギュラーサイズのタテ型カップ麺。スープと麺を改良してのリニューアルです。鶏がらスープとともに、スチームノンフライ製法を使った麺は元祖中華そばの味と風格があります。



スープが決め手の中華そばは、明星食品が供給し、セブンイレブンが売っています。

スープが決め手の中華そば

セブンプレミアムの商品です。

スープが決め手の中華そばの特徴は、商品名の通り「スープ」であるとともに、「麺」も工夫をこらしています。

「スチームノンフライ製法」という独自の製法を採用しているのです。

さらに、スープが決め手の中華そばは、『鶏ガラ中華そば』のリニューアル商品です。

使用するしょうゆの見直しと、メンマの風味を強めることで、コクとキレの良い中華スープになったとしています。

スープが決め手の中華そばは、ありふれたレギュラーサイズのタテ型カップ麺です。

これがパッケージです。

スープが決め手の中華そば

香味油が蓋についていますが、これは後から使います。

具材は、チャーシューチップ、メンマ、ナルト、ねぎが入っています。

スープが決め手の中華そば

熱湯で3分。さきほどの香味油をかけます。

スープが決め手の中華そば

できあがり。

スープが決め手の中華そば

セブンプレミアム スープが決め手の中華そばは、香味野菜で味を調えた、醤油味スープが楽しめる中華そばです。

元祖中華そばの味といったところでしょうか。

麺については、小麦感が漂うおいしい中細で麺です。

やはり、スチームノンフライ製法効果でしょうか。

さすれば、スープが決め手の中華そばが特徴とする、スチームノンフライ製法とは何でしょうか。

スポンサーリンク



スチームノンフライ製法とはなんだ

インスタントラーメン(カップラーメン含む)には、味やサイズや作り方で色々なバリエーションがあるようですが、究極の対立事項といえば、

油で揚げて乾燥するか

ノンフライ製法か

ということです。

インスタントラーメンの麺は、長期保存に耐えるため、もとの麺を蒸した後、水分を抜きます。

水分の抜き方は、

  • 約150度に加熱した食用油で揚げて乾燥する方法
  • 熱風が循環している乾燥機の中を通過させて乾燥する方法

があるといいます。

この後者が、一部の商品に採用されているノンフライ製法というものです。

食用油で揚げて乾燥する方法、熱風で乾燥する方法、いずれも乾燥させることで、麺の内部には気泡ができます。

この気泡の大きさや数によって、ソフトな麺になったり、硬くしまった麺になったりするそうです。

健康という点からは、ノンフライの方が良いように見えます。

ただ、油が「美味しさ」に貢献しているそうなので、インスタントラーメン(カップ麺含む)の全商品がノンフライ製法になることはなさそう。

むしろ、ノンフライ製法の商品は、それを補う意味で、香味油を通常のスープの素以外に加えます。

スープが決め手の中華そばの蓋に、香味油がついていたのはそういう理由によるものです。

スープが決め手の中華そば

ただし、スチームノンフライ製法が、「普通の」ノンフライ製法とどう違うのか、明星食品のサイトを観ましたが、明らかにされていませんでした。

ただ、おおまかなところは公式サイトでこう述べています。

当社では、従来のノンフライ麺をさらに進化させる新しい麺技術「スーパーノンフライ製法」を開発しました。この技術により、気泡を自在にコントロールし、従来の製法(乾燥方法)では不可能だった様々な質の麺(スーパーノンフライ麺)を再現出来るようになりました。また麺以外のもの(例:わんたん)への応用も可能となりました。

基本的には熱風で乾燥する方法で、熱風のあて方に何か独自性があるのでしょう。

いずれにしても、ノンフライ麺派なら、スープが決め手の中華そばはイケると思います。

スープが決め手の中華そばは、ネットでも好評です。

セブンイレブンと言えばやはり「スープが決め手の中華そば」だね! 麺が良い黄色の縮れ麺と自分好みの麺だし、スープも謂わば普通の鶏ガラ醤油だが高いレベルの味でこれで138円とサイズも含めてリーズナブル、と全てにおいて高バランスなので個人的最高のカップ麺だからねとのツイートもあります。

「スープが決め手の中華そば(267kcal:税別128円)」 お手頃値段でしかもめちゃめちゃ美味しくてカロリーも低い。麺の材料を見直して、小麦が感じられます♪♪ というツイートもあります。

スープが決め手の中華そばの栄養成分は、エネルギー273kcal、たん白質7.2g、脂質6.2g、炭水化物47.1g、ナトリウム1.8g(めん・かやく0.8g スープ1.0g)、ビタミンB10.34mg、ビタミンB20.19mg、カルシウム186mgです。

値段は128円(税込138円)です。

カップ「ラーメン」を食べてみたい、そしてできればノンフライ麺を、というのならこの『スープが決め手の中華そば』はお勧めです。

いかがですか。

スープが決め手の中華そば。

セブンプレミアム進化論  なぜ安売りしなくても売れるのか -
セブンプレミアム進化論 なぜ安売りしなくても売れるのか –

スポンサーリンク



シェアする