直火焼きのチャーシューに中太の麺と炒めた野菜と節類を炊き出し豊かな香りを付与した北魁(キンレイ)

シェアする

スポンサーリンク



北魁(キンレイ)加熱するだけで完成、水入らずの完全チルド食品
北魁(キンレイ)という、水入らずの完全チルド食品が話題です。スープ、麺、具がまとめて冷凍されているので、鍋に入れて加熱するだけで完成。味は濃厚味噌ラーメンで、中太の麺に炒めた香味野菜の芳醇な香りと直火焼きのチャーシューが際立っています。

キンレイといえば、そのまま火にかければ出来上がる、水の要らない冷凍『鍋焼きうどん』でおなじみです。

うどんとラーメンではいささか異なるものの、そのノウハウをいかして登場したのがラーメンの冷凍食品である北魁(キンレイ)です。

発売は2016年8月30日ですから、すでに1年を過ぎており、食べ物業界ではロングセラーの仲間入りかもしれません。

北魁も鍋に入れて火をかければ、出来上がることになっています。

北魁

北魁の袋を開けると、麺と具材とスープの冷凍が入っています。

北魁

それをそのまま鍋に入れて、8分加熱します。

北魁

具材の野菜がほぐれるのが、少し時間がかかりそうです。

火にかけてそのまま8分ほうっておくのではなく、かき回してほぐしておいた方がいいでしょう。

北魁

できあがりです。

北魁

味は悪くありません。

なるほど、香味野菜の芳醇な香りと、深い味噌の味わいが特徴のコッテリスープの味噌ラーメンです。

生姜・花椒、背脂、唐辛子の入った、ピリッと辛味のきいた豊かな香りの調味油が効いています。

麺も生麺のコシと舌触りを実感できます。

水が要らず、麺の硬さもそこそこ、スープにもコクがありました。塩分や脂分がうるさく言われているご時世ですが、全部きれいに飲み干したくなってしまう味です。

チャーシュー、炒め野菜の具材入りとありますが、惜しむらくは、もう少し具材が多いと良かったですね。

スポンサーリンク



スープだけを先に凍結させた技術上の工夫で完成

2017年の2月21日に放送された『ヒルナンデス!!』(日本テレビ系)では、『最新冷凍めん 3大トレンド!』というタイトルで、冷凍食品が紹介。北魁も採り上げられています。

それによると、冷凍といっても、ただたんに材料を冷凍するだけではだめなのだそうです。

一度に全部凍結すると、火をかけたとき麺が伸びてしまうとか。

そこで、商品化にあたっては、スープだけを先に凍結させたと番組では解説されていました。

番組のタイトルである「3大トレンド」の「3」というのは、

1.汁なし麺
2.水いらずのラーメン
3.具がグレードアップした、うどんやスパゲッティ

などでした。

北魁ネットでも好評です。

忙しい時のお昼ご飯というツイートもあります。

キンレイの濃厚コク味噌ラーメン北魁(ほっかい)のスープうますぎてめっちゃハマってる ニンニクと生姜がきいてて美味しいという感想もあります。

北魁の栄養成分は、熱量(エネルギー)563kcal、たんぱく質17.9g、脂質24.8g、炭水化物67.0g、食塩相当量5.6gです。

北魁の原材料は、【めん】小麦粉、食塩、脱脂小麦ふすま、卵白、脱脂小麦胚芽/かんすい、卵殻焼成カルシウム、着色料(クチナシ)【スープ】みそ、動物油脂、本みりん、ポークエキス、植物油脂、野菜(もやし、にんにく、玉ねぎ、しょうが)、ガラスープ、もろみ調味料、ポーク調味料、魚醤(魚介類)、砂糖、粉末みそ、かつおエキス、ガーリックエキス、豆板醤、ゼラチン、さば削りぶし、唐辛子、オニオンエキス、赤わけぎペースト、昆布、花椒/調味料(アミノ酸等)、増粘剤(加工でん粉)、酸味料、着色料(カラメル)、酸化防止剤(V.E)【具】野菜(もやし、キャベツ、玉ねぎ、にんにく、しょうが)、焼豚、すりにんにく、ごま、植物油脂、ロースト野菜ペースト、動物油脂、パン粉粉末、こしょう/着色料(カラメル)、調味料(有機酸等)、酸化防止剤(V.C、V.E)(一部に小麦・卵・大豆・牛肉・鶏肉・豚肉・さば・ゼラチン・ごま・魚醤(魚介類)を含む)となっています。

なおそれらの原産地は、もやし、キャベツ、玉ねぎ、しょうがなどは国産。

焼豚(豚肉)のみデンマークとなっています。

鍋一つでできるので、作るのはおっくうだけれど、コシのある生麺のラーメンが食べたい、という時に便利です。

ですから、いかがですか、北魁。

お水がいらない ラーメン北魁 キンレイ 3食セット -
お水がいらない ラーメン北魁 キンレイ 3食セット –

スポンサーリンク



シェアする