濃厚味噌スーブにもちちも感が維持される中太ちじれ麺は行列のできる店のラーメンこってり味噌(日清食品)

シェアする

スポンサーリンク




行列のできる店のラーメン こってり味噌(日清食品)を食べてみました。1袋に2人前入っています。商品名通り、こってりしたコクのある豚骨味噌スープにお好みの具材をトッピング。スープに絡んだもちちも感が維持されている中太ちじれ麺でいただきます。



行列のできる店のラーメンシリーズは、とくに今更ご説明の必要もないでしょう。

生ラーメン2人前を一袋とした、様々な種類のラーメンを発売しています。

行列ができる人気ラーメン店の味を再現。その本格的な味わいで日清食品チルドのロングセラーブランドです。

今回の行列のできる店のラーメン こってり味噌は、その点で特定のお店をモデルとしているわけではないので、異色の存在でしょうか。

さて、パッケージは、「ありがとう発売20周年」と記されています。

行列のできる店のラーメン こってり味噌

行列のできる店のラーメンシリーズが発売20周年ということです。

中身は、1人前が麺1袋(110g)、スープ1袋とシンプルな構成です。

麺の茹で時間は3分。麺とスープは別々に作ります。

液体スープはお湯で割るだけなので、スープ自体がぬるくならないよう注意が必要です。

私は鍋で加熱しました。

例によって、野菜はもやしやにんじんなどのカット野菜です。

行列のできる店のラーメン こってり味噌

煮玉子ももちろん入れます……、と思いましたが、火加減を間違えて君が固くなってしまいました。

出来上がり。

行列のできる店のラーメン こってり味噌

う~ん。

正直、まずいわけではありませんが、とくにコッテリ感はありません。

豚骨味噌の豚骨部分の表現に苦心しています。

よくある生ラーメンのややしょっぱい味噌ラーメンスープですね。

麺は、生ラーメンだけあって、もちちも感が維持されている中太ちじれ麺でよかったと思います。

スポンサーリンク



14種類あるチルド生ラーメンシリーズの一つ

行列のできる店のラーメンシリーズは、2017年9月27日現在、チルド生ラーメンだけで14種類もあります。(公式サイトより)

『俺の一杯 行列のできる店のラーメン 背脂にんにく醤油 1人前』
『私の一杯 行列のできる店のラーメン 鶏ゆず塩 1人前 』
『行列のできる店のラーメン こってり醤油 2人前』
『行列のできる店のラーメン こってり味噌 2人前』
『行列のできる店のラーメン 担々麺 2人前』
『行列のできる店のラーメン 札幌 2人前』
『行列のできる店のラーメン 函館 2人前』
『行列のできる店のラーメン 喜多方 2人前』
『行列のできる店のラーメン 荻窪 2人前』
『行列のできる店のラーメン 和歌山 2人前』
『行列のできる店のラーメン 大阪 2人前』
『行列のできる店のラーメン 尾道 2人前』
『行列のできる店のラーメン 博多 2人前』
『行列のできる店のラーメン 横浜 2人前』

行列のできる店のラーメン こってり味噌は、その中の一つというわけです。

ツイートも好評です。

お昼は家ラー。日清「行列のできる店のラーメン 濃厚極旨(のうこうきわみ) こってり味噌」にチャーシュー、豚ひき肉ともやし炒め、味玉、メンマ、ネギをトッピング。これ、かなりおいしいです(^-^)

これはオーソドックスに豪華ですね。

日清の行列のできる店のラーメンこってり味噌に豚ひき肉、もやし、キャベツ、にんじん、ゆき菜、舞茸、長ねぎ、コーン。バターと七味で。

行列のできる店のラーメン こってり味噌の栄養成分は、エネルギー594kcal、たんぱく質18.1g、脂質26.2g、炭水化物71.4g、食塩相当量8.6g(めん1.6g、スープ7.0g)です。

行列のできる店のラーメン こってり味噌の原材料は、【めん】小麦粉、卵粉、食塩、小麦たん白/酒精、加工でん粉、pH調整剤、かんすい、焼成Ca、トレハロース、クチナシ色素、(一部に小麦・卵を含む)【添付調味料】みそ、豚脂、ポークエキス、チキンエキス、野菜調味油、しょうゆ、砂糖、にんにく、発酵調味料、植物油脂、しょうが、みそ調味油、野菜エキス、香辛料、食塩/香料、調味料(アミノ酸等)、酒精、カラメル色素、増粘剤(キサンタンガム)、酸味料、香辛料抽出物、酸化防止剤(ビタミンE)、パプリカ色素、(一部に小麦・ごま・大豆・鶏肉・豚肉を含む)となっています。

標準小売価格は429円(税別)なので、スーパーでは300円程度で購入できると思います。

本格的な味噌ラーメンを生ラーメンで。

いかがですか。

行列のできる店のラーメン こってり味噌。

スポンサーリンク



シェアする