鶏ガラベースのスープに背脂の旨みが特徴の京都北白川中華そばますたに背脂鶏ガラ醤油(日清食品)

シェアする

スポンサーリンク



京都北白川中華そばますたに背脂鶏ガラ醤油(日清食品)
京都北白川中華そばますたに背脂鶏ガラ醤油(日清食品)のアルミ鍋です。京都ラーメンの超激戦区である北白川のますたにさんが監修する中華そばです。カップ麺と違い、火をかけて食べるので熱々のところをいただけます。おうちラーメンらしい作り方です。

北白川のますたには、京都ラーメンの超激戦区で知られる有名店です。

京都北白川中華そばますたに背脂鶏ガラ醤油は、商品名通り、京都のラーメン店『ますたに』が監修する鶏ガラ背脂の醤油ラーメンです。

パッケージには、京都北白川中華そばますたに背脂鶏ガラ醤油となっています。

京都北白川中華そばますたに背脂鶏ガラ醤油

が、公式サイトでは、鍋焼中華そば ますたにという商品名になっています。

長いから省略したのでしょうか。

「鶏ガラをベースに背脂の旨みと唐辛子の辛みを利かせた醤油ラーメンです。焼豚、ねぎ付き」と記されています。

さて、パッケージは、アルミの鍋に蓋がしてあります。

中は、麺、液体調味スープ(後入れ)、チャーシュー、かやくです。

京都北白川中華そばますたに背脂鶏ガラ醤油

麺は生麺、具はカップ麺用といった感じです。

作り方は、アルミ鍋に水を入れ、煮立ったところで麺を入れて2分茹でます。

京都北白川中華そばますたに背脂鶏ガラ醤油

カップ麺と違い火を加えているので、2分でも麺が仕上がるようです。

そして、後入れの液体調味スープやかやくを入れて、さらに1分仕上げ加熱します。

これです。

京都北白川中華そばますたに背脂鶏ガラ醤油

鍋焼中華そばにふさわしいスープです。

スープには、背脂が入っているのがわかります。

“鍋焼中華そばにふさわしいスープです。

ではコッテリラーメンかいうとそれほど脂はクドいわけではなく、とろみのあるスープはほどよい味わいでつい飲み干したくなります。

背脂といえばホープ軒を連想しますが、

ちぢれ麺に絡む背脂とニンニクが効いた豚骨ダシベーススープの銘店伝説中華そばホープ軒本舗(アイランド食品)
『銘店伝説中華そばホープ軒本舗』です。ちぢれ麺に絡む、背脂とニンニクが効いた豚骨ダシベースのスープが特徴とされているラーメンです。冷凍食品ではありませんが、チルド生麺です。香川県にあるアイランド食品が販売している、銘店伝説シリーズです。

鶏ガラ醤油の味が強く出ているので、それともまた異なる独特の味わいです。

なるほど、京都の名店ではこういう中華そばを提供しているのか、と思いました。

スポンサーリンク



生ラーメンと同じ商品

京都北白川中華そばますたに背脂鶏ガラ醤油(日清食品)は、生麺タイプ(2人分)もあるのですが、これはアルミ鍋です。

チルドに比べると、アルミ鍋の分だけ割高になるかもしれませんが、カップ麺よりも熱々で、生麺を味わえるこうした形態も、使い方によっては便利ではないかと思います。

もちろん、生ラーメンではいけない、ということではありません。

商品自体は同じですから。

昨日の夕飯・京都北白川 中華そばますたに 背脂鶏ガラ醤油(*´∀`)
背脂のこってりと鶏ガラのうまみが美味しい

背脂鶏ガラ醤油の名店の味。東京でも日本橋ますたにがありますが、自宅にて生ラーメンを取り寄せ九条ネギではなくザク切り長ネギと生海苔トッピングで。

京都北白川中華そばますたに背脂鶏ガラ醤油の栄養成分は、エネルギー527kcal、たん白質16.7g、脂質26.3g、炭水化物55.9g、ナトリウム2.4g、食塩相当量6.1gです。

京都北白川中華そばますたに背脂鶏ガラ醤油の原材料は、[めん]小麦粉、卵粉、食塩、小麦たん白/酒精、加工でん粉、pH調整剤、かんすい、焼成Ca、トレハロース、クチナシ色素、(一部に小麦・卵を含む)[背脂入り特製油]豚脂、チキン調味油/酒精、酸化防止剤(ビタミンE)、カラメル色素、香料、(一部に小麦・大豆・鶏肉・豚肉を含む)[添付調味料]しょうゆ、にんにく、ポークエキス、食塩、たん白加水分解物、砂糖、香辛料/調味料(アミノ酸等)、カラメル色素、酒精、増粘多糖類、酸味料、(一部に小麦・大豆・豚肉を含む)となっています。

京都名店の味を食してみませんか。

京都北白川中華そばますたに背脂鶏ガラ醤油。

日清食品 京都北白川中華そばますたに220gx6【送料無料】【冷蔵商品】 - 紀州和歌山てんこもり
日清食品 京都北白川中華そばますたに220gx6【送料無料】【冷蔵商品】 – 紀州和歌山てんこもり

スポンサーリンク



シェアする