国産材料化学調味料無添加安心安全、昭和のレトロ感たっぷり西三河地方ご当地ラーメン

シェアする

スポンサーリンク



国産材料化学調味料無添加安心安全、昭和のレトロ感たっぷり西三河地方ご当地ラーメン
キリンラーメン(小笠原製粉)。ご存知でしょうか。キリンビールとはとくに関係がありません。1965年に、愛知県碧南市を中心として西三河地方で発売されたご当地ラーメンです。国産材料化学調味料無添加のお味はどのようなものかと思い、いただいてみました。

キリンラーメンは、レトロ感たっぷりの包装です。

キリンラーメン

キリンラーメンというのは、「末永く」「親しみやすい」商品になればという思いが商品名の由来とか。

公式サイトによると、麺は小麦粉に米粉を混ぜ、国産大豆(豆乳)で練り込んでいるそうです。

原材料を見ると、食塩、粉末醤油、混合節粉末、香辛料、砂糖などとなっており、たしかに化学調味料は使われていません。

ですから、おうちラーメンとして、地元消費者の信頼を獲得しているわけです。

キリンラーメンの中身は、他の袋入りラーメンのように、麺と粉末スープです。

キリンラーメンの麺

キリンラーメンのスープ

なべで水を沸騰させ、麺を入れ、火を止めて粉末スープを入れると出来上がりです。

なべで水を沸騰させ、麺を入れ、火を止めて粉末スープを入れる

キリンラーメンの出来上がり

カット野菜と煮玉子を入れると、このようになります。

キリンラーメンの出来上がり

キリンラーメンの仲間として、

・キリン家庭用ラーメンのしょうゆ味、みそ味、しお味
・べっぴん女性用ラーメンのカレースープ味
・カピバラ家庭用のゆず風味しょうゆ味

などがあります。

バリエーションも増えてきました。

お湯の量を半分にすれば、焼きそばも作れるんだそうです。

スポンサーリンク



キリンラーメンの評判を明らかにしよう

おうちラーメンの決定版、キリンラーメンの評判は、概ね良いようです。

何しろ、平成7年に一時生産を中止したものの、地元の方の要望で1回限り1万食限定で復活したところ、初日で完売口コミが広まり、現在では全国で販売しているとか。

やはり、一番多いのは、国産原料であることの安心感です。

あっさり味で主な原材料が国産なので、子どもからお年寄りまで幅広く愛されそうだから信頼が置けるし、親しみやすいということがいわれます。

次に、シンプルな味わいということです。

調味料、添加物についても、市販の商品のようなものは使われていないからです。

三番目に、レトロ感です。

派手なデザインによる包装・パッケージが当たり前なのに、我が道を行くとばかりに、昭和からそのまま出てきたようなパッケージです。

私が食べた感想ですが、麺が縮れ麺なのは個人的にはなかなかよかったと思います。

スープは、やや塩気のある素朴な味わいです。

化学調味料を使わないことで、味がシンプルに感じました。

これは、化学調味料に慣らされていた舌にとって、大変いいことです。

定価は、6食500円ですから、袋のインスタントラーメンとしては割高です。

ただ、国産小麦100%という価値は、その価格で十分満足できるのではないでしょうか。

国産・無添加・信頼・シンプル……。そんなキーワードで語れるキリンラーメンはいかがですか。

小笠原製粉 キリンラーメン しょうゆ 6袋入り -
小笠原製粉 キリンラーメン しょうゆ 6袋入り –

スポンサーリンク



シェアする